2019年04月08日

甥っ子のところに赤ちゃんが産まれた! そして思うこと


31年前私が取り上げた甥っ子が、1昨年結婚し先月末に赤ちゃんが産まれた。

甥っ子が産まれた時も、姉のおっぱいを診て、断乳まで完全母乳で育った。

優しく、賢く、素晴らしい青年になり、そして素敵な女性と結婚した。


彼女とは妊娠中から連絡を取り合い、妊婦生活の事や、育児について助言してきた。

母乳で育てたいといわれ、そして布おむつを使いたいといわれ、自然派の

とても素直な、賢い彼女だと思った。

無事に男児を出産され、入院中に助産師さんにしっかり指導していただき

何とか授乳ができるようになって退院した。

退院後は里帰りもせず、甥っ子が1か月間育休をとって、3人での生活がスタートした。


先週、東京に住む甥っ子の所に行ってきた。

炊事、洗濯、掃除を甥っ子がすべてしているようで、それにも驚いた。

そして、彼女は、乳頭がやや扁平でなかなか吸いつけない赤ちゃんに、一生懸命

おっぱいを飲ませようと頑張っていて、何とか吸わせ、そして搾乳したり、

哺乳瓶で飲ませたり・・・3時間ごとの授乳と、おむつを替えたり、泣く子を抱っこして・・・

夫婦二人で頑張っている姿に心打たれた。

そして、二人はすっかり、お父さんとお母さんになっていた。



近隣との交流もないし、身近にちょっと手伝ってくれる人もいない。

密室での子育てとなり、なかなかほっとできる時がないのではないかと思う。

当院に来ているお母さん方にも、里帰りしない人や、できない人、しない方が楽という人が

最近増えており、今の育児の現実を見て、改めて考えさせられた。

第2子や第3子の産後も同様、いやもっと大変! 上の子がいるので、ゆっくりする間はない

だろう。 

甥っ子のように1か月でも育休が取れればいいが、取れなかったらママが一人で家事・育児を

することになり、産後の回復って何のこと? ということになる。

そうなると、せっかくよく出るおっぱいも、出にくくなったり、トラブルが起こったり

しやすいだろう。ママも心身ともに疲れ果てて楽しい育児ではなくなる。  



何でこんな世の中になったのだろうか? 



人と人が関わり合い、井戸端会議もあちこちでみられ、

子どもたちが元気に外で遊びまわっている光景が、昔の話になってしまった。

情報だけはあふれて、何が自分にとっていい情報なのか解らなくなってしまう。



人の温もりのある関りや環境は、子供が心身ともに成長する過程において、

とても重要なことなのに・・・

何とかして取り戻さなければいけないと思う。

そして、豊かな心を持った人間性のある子供を育てていかねば!



だから、ますます思う。赤ちゃんを母乳で育てよう!



posted by fujiwara at 18:21| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: