2019年01月21日

岡真里 写真展  開催中


平成最後の年、31年もいよいよスタートしました。

皆様にとりまして、幸多い良き年となりますようお祈りいたします。



お正月、成人の日も終わり、日常生活が戻ってきたかと思うと、

すでに大寒、1月も下旬となりました。

雪景色にもならず、比較的暖かい日々ですが、インフルエンザは猛威をふるっています。

手洗い、うがいを励行し、バランスのとれた食事をとり、生活リズムを崩さないよう

気を付けましょう。



さて、助産院では明日から 写真家 岡真里さんの写真展を開催します。

生後14日目の赤ちゃんとお母さんの、飾らないそのままの写真たちです。

見ているだけで心が温まり、とても穏やかな気持ちになります。


岡真里さんも1児の母です。1才5か月までの母乳育児の期間中は、断乳まで継続的に

当院に通われ、定時刻授乳と食生活に留意され、仕事もしながら母乳育児生活を楽しく

過ごされました。

そんな母親としての視点をもち、生後14日目の赤ちゃんの表情に魅了され、

お母さんと赤ちゃんの写真を撮り続けたそうです。

昨年、宮島で個展をされ、大変好評だったようです。


この度、ふじわら助産院でも”お母さんと赤ちゃん”の写真展をして頂くことに

なりました。とてもあたたかな写真です。

来院されたときにゆっくりご鑑賞ください。

写真展を見に来られるだけでもいいです。 



DSC_0032.JPG







posted by fujiwara at 22:49| Comment(0) | 掲示板

2016年01月18日

チョコレートの甘い誘惑にご用心!


この季節、お店にはいろいろなチョコレートが並んでいて、ついつい食べたくなってしまいますが、

授乳中のお母さま方にはあまりお勧めしません。(._.)

チョコレートは、成分的には4割以上が脂肪分で、5割以上が砂糖です。

ミネラルも多く含み、ポリフェノールも多く、体に良い部分もあるのですが、

授乳中のお母さま方は、お腹がとても空きやすく、食欲旺盛なため

ひと粒だけ・・・ と思って食べても、甘くて美味しいので、ついつい5粒10粒と

無意識に食べてしまいやすいものです。

チョコレートは高カロリーであり、おっぱいがとても張りやすくなります。

また、脂肪分が多いので、乳汁も油っぽくなり、粘りが出て乳管が詰まりやすくなり、

乳腺炎の原因となることがあります。

もちろん、お母さんの体質や体調、おっぱいの飲ませ方や、赤ちゃんの飲む量や飲む力、飲み方も

大いに関係するので、一概には言えません。

また、乳質が変わることにより、赤ちゃんのお顔に赤い湿疹が出たり、肛門周囲が赤くなったり、

授乳のリズムが変わってしまうこともよくあります。


授乳中のお母さま方には、バレンタインの季節はちょっと辛くてさえないかもしれませんが、

愛はチョコレートで表さなくても、ことばや顔や態度で伝わります。

そして何より、生まれてきた赤ちゃんはパパとママの愛の結晶ですから黒ハート黒ハート黒ハート

   花.jpg









posted by fujiwara at 01:34| Comment(0) | 掲示板