2019年03月09日

指しゃぶり



生れてまだ1週間も経たないのに、指しゃぶりをする赤ちゃん

おっぱいをしっかり飲んだばかりなのに、すぐに指しゃぶりをする赤ちゃん

自分の拳を大きな口を開けて、なめまくっている赤ちゃん



とてもかわいい赤ちゃんの仕草なのですが、お母さんにとっては、

おっぱいが足りないのかしら(´・ω・) と、不安になります。

また、周りのお祖母ちゃんやご主人からも、おっぱい足りないんじゃないん?

とか、ミルク作ろうか? と言われます。



でも、ちょっと様子を見てください。

赤ちゃんがおっぱいをゴクゴク飲み、おっぱいも柔らかくなっているのなら大丈夫!

おしっこやうんちが出ていれば大丈夫!

授乳してもすぐに寝なくなるし、逆に目が覚めて周りをきょろきょろ見たりします。



赤ちゃんは、お母さんのお腹の中にいる時から指しゃぶりをしています。

子宮の中で丸まって過ごしている時、お口に手があたると、しゃぶっていました。

羊水も飲んだりしながら、生まれてからの授乳に備えて練習していたのでしょう。



赤ちゃんは、お口の周りがとても敏感で、何か触れたり感じたりすると、

お口を開けて捕えようとします。

生まれたばかりの赤ちゃんが生きるためにすでに持っている原始反射なのです。

そして、お口の中に入ったものを舌でとらえて吸いつくのも、原始反射です。

だから、出生直後の赤ちゃんでも、お母さんがおっぱいを吸わせようとすると、

上手に吸いついてくれるのです。



生後1か月くらい経つと、赤ちゃんは手足をよく動かすようになり、

次第に目もよく見えるようになると、自分の拳を見つめたり、お口に持ってきてなめまわし、

そのうち指が4本入るようになり、親指が入るようになり・・・ と、成長していきます。

赤ちゃんは、お口や舌でなめたりしゃぶることで、触感を働かせて、味覚や嗅覚、

視覚や聴覚も働かせ、周りの様々なものを認識していきます。

指しゃぶりも、成長の過程のことで、遊びのひとつと思ってもいいと思います。



第1子より、第2子・第3子の方が指しゃぶりが多いかもしれません。

下の子が産まれると、上の子に手がかかり、下の子は授乳後すぐに寝かされてしまい、

自分で指しゃぶりして遊んでいるのでしょう。

成長とともに、動けるようになったり、しゃべれるようになると、

指しゃぶりも自然に少なくなるでしょう。



posted by fujiwara at 16:59| Comment(0) | 赤ちゃんの成長・発達