2014年12月03日

RSウイルスにご注意!


 冬は、RSウイルスも流行ります。 

RSウイルスは、1歳までに5割くらいの赤ちゃんはかかります。

2歳以上の子供はほぼ100%かかっています。



 鼻水と咳が出る風邪なのですが、生後3か月くらいまでの小さい赤ちゃんがかかってしまうと、

熱が出て、鼻水と咳がひどく、咳込んだ時に飲んだお乳やミルクを吐いてしまうこともあります。

ぐずぐずになり、おっぱいや、ミルクの飲みも悪くなり、回復に2~3週間かかることもあります。

また、気管支炎や肺炎を起こしてしまい入院されることもあります。


上のお兄ちゃんやお姉ちゃんの風邪がうつってかかることが多いです。

上のお子さんが風邪をひいているときは、赤ちゃんのそばでくしゃみや咳、チュッチュしないように、

そして、上の子に手洗いとうがいの習慣をつけるようにしましょう。



 3か月くらいまでの赤ちゃんが、咳をしたり、鼻水が出て鼻が詰まってお乳が飲みにくいときは、

早めに小児科で診てもらいましょう。病院

そして、おっぱいを飲むときは、その前に鼻水吸引器などで鼻水を吸い取ってから、飲ませてあげましょう。

おっぱいは、いつもほど飲まなくなり、間隔が短くなってしまいますが、それでいいです。

母乳は、免疫もたくさん含まれていますし、栄養満点ですから、お薬の様なものだと思いしっかり

飲ませてあげましょう。

飲み残した母乳は少し搾っておくと、おっぱいトラブルの予防になります。



赤ちゃんは、体調の悪いときは、ぐずぐずしますので、1枚多く着せて、ソックスをはかせ、

抱っこしてあげてください。



 ママもあまり疲れないように、自分の健康管理にも気を付けましょう

上手に病気を乗り越えてくださいexclamation


posted by fujiwara at 01:01| Comment(0) | 子どもの病気・心配事

2014年11月29日

年末年始の休診日のお知らせ




年末年始を次のようにお休みさせていただきますので、よろしくお願

いいたします。




  平成26年12月30日(火) 〜 平成27年1月4日(日)





 尚、平成26年12月25日(木)は、診療いたします。






    P1030088.JPG



posted by fujiwara at 23:31| Comment(0) | 休診日のお知らせ

もうすぐ12月


         P1030086.JPG



我がふじわら助産院も、クリスマスバージョンになりました。

と言っても、いつもBGMは流していないのでもちろん、クリスマスソングは流れていません。

ちょっとだけ、クリスマスの雰囲気です!




  P1030092.JPG

                          スタッフ N 作です。







posted by fujiwara at 17:42| Comment(0) | 日記

乳腺炎 No,2

今週は、乳腺炎の方が多かった あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

発熱、おっぱいのしこり、赤くなって痛い、乳首の先が腫れて痛い、先が白くなって痛い・・・・

  何でexclamation&question

 原因はそれぞれあるようですが、土・日・月の3連休で、出かけて授乳の間隔があいてしまった、

焼き肉とかチョコとか洋菓子などの食べ過ぎ、もともとちょっと飲み残しているところがあった、

などなど・・・

 しこりが赤くなくて、かちかちに張って痛いときは、おっぱいの手技をしていると、プチン! と音がした

かのように乳栓(小さな白いツブ)が抜けて、シュワーッとまるでクジラの汐吹のようにお乳が噴き出て、

あっという間に楽になります。

 しこりが赤くなって痛くて、熱が出た時は、手技をすると黄色くてドロドロねばねばのお乳が、ぶちゅぶ

ちゅと出てきます。楽にはなりますが、なかなかすっきりしないので、しばらくは要注意です。

 とにかく、1番の治療者は赤ちゃんですので、3時間以上開けないよう、悪いほうから上手にできるだけ痛く

ないように飲ませることです。 対処法は、乳腺炎No,1をご覧ください。


 12月は、上の子供さんたちが冬休みに入ったり、年末年始でご主人も長期休暇になります。

赤ちゃんが授乳中に、気が散ったりリズムが変わって上手く飲み難くなったりしやすいです。

また、忘年会・クリスマス・お正月などなど、イベントも多い季節です。

揚げ物・ケーキ・お餅など食べ過ぎないように、授乳後に少し搾乳しておくとか、夜中の授乳をしっかり飲ま

せる、などトラブルが起こらぬよう気を付けましょう。

 おっぱいが気になるところがあれば、早めにおいでください。 (*^-^*)


P1030094.JPG




 

 


posted by fujiwara at 17:19| Comment(0) | おっぱいトラブル

2014年11月27日

子どもが突然 嘔吐・下痢をしたときは・・・(感染予防編)



子どもの流行性の嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)は、突然始まります。

潜伏期間は1〜2日です。

家族の中や、保育園・幼稚園・学校などで流行っているときに、子どもが発熱とともに突然嘔吐や下痢

をし始めたら、かかったかな? と思ってください。

 子どものケアーについては、看病編をご覧ください。

 子どもの場合、隔離はできませんから、ママやパパがうつらないようにすることです。


 まずは嘔吐物や便などを新聞紙などで覆っておいて、子どもをきれいにしてあげましょう。

シャワーでさっと流してあげたり、暖かいタオルでふいてあげ、服を着替えさせましょう。

まだ、吐きそうであれば、洗面器などを受けて、休ませてあげてください。


 次に、できるだけ早く嘔吐物や便を片付けましょう。

できれば、使い捨てのゴム手袋やマスクをつけて、ペーパーやぼろ布で拭き取ってビニール袋へ入れて

捨てます。


 シーツや洋服など、洗えるものはお風呂場などでしっかり洗って、洗濯します。

可能であれば、ハイターを100倍に薄めた消毒液(水500mlにハイター小さじ1杯)に10分ほどつけるといいで

すが、色落ちするものもあります。


 床やドアノブなどを、同じ消毒液や当院でも取り扱っている次亜塩素系のスプレー(プーキープロケアー)

などで拭いたり、室内も噴霧すると、さらに除菌効果があります。


 最後に、流水で手をしっかり洗い、うがいもしてください。

プーキープロケアーは手指の除菌にも使用できます。


P1030052.JPG
 


 日ごろから、帰宅時はじゅうぶんな手洗いとうがいを心がけることが大切です。

また、手を口にもっていく癖や、指をなめたりするのはやめた方がいいですね。





posted by fujiwara at 12:43| Comment(0) | 子どもの病気・心配事

子供が突然 嘔吐・下痢をしたときは・・・(看病編)



子どもの流行性の嘔吐・下痢症(感染性胃腸炎)の原因はいろいろあります。

代表的なのはノロウイルス・ロタウイルス・アデノウイルス

ですが、その他のウイルス性のものや細菌性のものがあります。

主な症状は、腹痛・嘔吐・下痢・発熱で、赤ちゃんの場合は、ぐずり泣きです。

いずれも、予防は大事ですが、かかってしまったらどうしたらいいでしょうか?


 子どもの看病について

  ● 熱や嘔吐・下痢の様子を見て、病院を受診する。

  ● 脱水に注意する。

   熱・嘔吐や下痢の回数・おしっこの回数・顔色・ぐったりしていないか・機嫌

  ● こまめに水分(お茶やポカリなど)をとらせる。

   赤ちゃんの場合はおっぱいをこまめに飲ませる。

  ● 嘔吐した直後はしばらく飲ませず、30分以上たってから欲しがるようならお乳を含ませる。

  ● 嘔吐の時は、食事は中止する。欲しがるならお粥や葛湯などから与える。

   食欲があるなら、消化の良いもの(うどんや果物)から与える。

   牛乳・ヨーグルト等は下痢を増強させやすいので控える方がいい。

   下痢や食欲の様子を見ながら、ぼちぼち食べさせる。

  ● 大体、嘔吐から始まり下痢になることが多い。

   下痢は1週間くらいは続き、普通便になるまで2週間位かかることもある。

  ● 熱があるとき、元気のないときは、お風呂は体力を消耗させるので、体を拭いてあげる

   
方がよい。

  ● おむつかぶれがひどくなるので、お尻だけ温水で流してあげるとよい。おむつは   

   汚れたら、すぐに替えてあげること。馬油などを塗るのも良い。



子供は、悪くなるのも早いけど、元気になるのも早いです。

元気になったからといっも、病み上がりは免疫力も落ちているので、1週間位はあまり無理させないよう

に気を付けてあげてください。予防注射もそのあとです。

嘔吐下痢症は子どもの体重も少し減少しますが、元気になれば、すぐに戻ってきます。






posted by fujiwara at 12:29| Comment(0) | 子どもの病気・心配事

インフルエンザが流行りはじめました!

いよいよ、この季節がやってきました。

インフルエンザ、ノロ・ロタウイルスが流行りはじめましたexclamation

まずは、バランスのとれた食事と、規則正しい生活が大切! なのですが、何かと崩れやすいこの季節!

あまり、人ごみの中に出かけない、と言っても、出かけなきゃいけないこともある。

とにかく、手洗いとうがいですexclamation×2

外出時には、予防的にマスクをするのもいいです。

おかしいな? と思ったら、早めにマスクをつけて受診しましょう。

当院では、ウイルス・細菌の除菌と消臭に抜群の効果のあるスプレーを紹介しています。

お部屋の中・おもちゃ・ドアノブなど、どこでも使えます。

安全で、お口に入っても大丈夫! 

P1030052.JPG

  プーキープロケア 1本 400ml 1500円
         携帯用  30ml  600円






posted by fujiwara at 10:31| Comment(0) | 日記

お友達

ねねちゃんです  1才5か月

  1か月前におっぱいとさよならしました。

  私には、6歳の双子のお姉ちゃんたちがいます。

  お姉ちゃんたちはとっても元気です。おしゃべりも楽しいし、一緒に遊んでくれて大好きです黒ハート

  お姉ちゃんたちも、赤ちゃんの時ママのおっぱいをいっぱい飲んでいたみたいです。

  だから、私が生まれた時は、飲みきれないくらいたくさんおっぱいが出ていました。

  おかげで、とても大きくなりましたexclamation

  ママは、お姉ちゃんたちの時も私の時も、おっぱいがおいしくなるようにマッサージに毎月通ってくれま

  した。美味しいおっぱいありがとうわーい(嬉しい顔)

  今は、ご飯をいっぱい食べて、ますますパワーアップ 手(チョキ)


P1030077.JPG





posted by fujiwara at 03:21| Comment(0) | お友達

2014年11月26日

ゆきんこ

先日、信号待ちで ゆきんこ発見!!!!!!

おもわず「あっ黒ハートゆきんこ ゆきんこ」

と言ってました。

この虫を観ると「寒くなったなぁ〜」と感じます。

このことを夫に言うと

「ゆきんこexclamation&question何やそれ」

藤原先生も

「何exclamation&questionそれ」


う〜ん…知らない人のために…

ゆきんことは「雪虫」といい

3〜5_くらいの大きさで、体には白くて綿毛のようなものが付いています。

風にのりふわふわ飛んでいます。

晩秋から初冬にみられる冬の訪れを感じさせる虫です。

IMG_1402.JPG


今夜は鍋にしようかな♪「Y」




posted by fujiwara at 21:56| Comment(0) | 日記

2014年11月25日

お友達

りゅうたくんです。  1歳3か月。

  2か月前に断乳したよ!  僕はもう赤ちゃんじゃないぞ!

  おっぱい大好きだったんだけど、ちょっと早くおっぱいとさよならしたんだ。でも全然大丈夫だった。

  これまで僕は本当に大変だったんだよ。全身にアトピーが出ていて、僕もかゆくてつらかったけど、パパ

  もママもそんな僕をずっと抱っこして、薄着にして、本当によく見てくれたんだ。 

  思えば、1か月のころからジクジクの湿疹は出始めていたよ。

  病院にも行ってお薬をもらったけど、なかなか良くならなかったので、4か月から専門のお医者さんに診て

  もらったんだ。卵も牛乳も大豆も小麦もダメだったみたいで、ママはとても大変だったよ。  

  ママのおっぱいはすごくよく出ていて、おいしかったよ。

  でも、僕のためにママも食事をすごく気を付けて、一生懸命頑張ってくれていた。

  アレルギーの先生に教えてもらいながらぼくにも、卵も牛乳も大豆も小麦もごくごく微量から食べさせて

  くれたんだ。8か月ころから湿疹が良くなりはじめ、1歳前にはすっかりきれいになり、食べるものも何で

  もOKになったんだ。おかげで僕はすっごく元気で風邪もひかなかったし、熱も出なかった。

  1歳過ぎたら歩けるようになったので、おっぱいも充分飲んだし、何でも食べれるからおっぱいから卒業し

  たんだ。

  みんなでよく頑張ったご褒美に3人で京都旅行も行ってきた。超楽しかったんだ。

  パパもママも僕もみんなニコニコ(*^-^*)  ハートたち(複数ハート)

  P1030079.JPG


posted by fujiwara at 19:34| Comment(0) | お友達